かざま動物病院 | 院内・設備紹介

  • TOP  > 
  • 院内・施設紹介

院内・設備紹介


半導体レーザー

半導体レーザー:手術時のメスとして(手術時間の短縮・出血の最少化)、また体表のイボを切開することなく蒸散させたり、痛みの緩和(椎間板ヘルニアの術後)など多様な目的に使用します。

超音波診断装置

妊娠診断、レントゲンのみでは鑑別できない疾患の検査や、カラードップラー(血液の流れをカラー表示する機能)を用いて心臓の機能検査などを行います。

生化学・血球計算装置

生化学検査装置は、各臓器の状態を把握するために用います。同時に2検体測定が出来る機種になりましたので、お待たせする時間が短縮されました。血球計算装置は赤血球数、白血球数およびその分類、血小板数を計測出来ます。

内視鏡

いわゆる胃カメラです。管状の装置で食道・胃・小腸の一部・結腸や直腸の粘膜の状態や、ポリープの有無を観察します。また、犬や猫で多い異物の誤飲の摘出にも使用します。

デジタルX線画像診断システム

先進テクノロジーによる極めて高精度のX線診断システム、富士コンピューテッドラジオグラフィーを導入しております。コンピューター画像処理により骨部から軟部までの幅広い領域を抽出。鮮明で見やすい画像により微小な病変も見つけやすくなりました。

血液凝固分析装置

2種類の凝固時間と凝固因子の一種フィブリノーゲン濃度を測定します。凝固異常を疑う疾患や避妊・去勢を含む手術前に測定し、止血機能に異常が無いかを確認します。

求人募集
動物取扱者標識
かざまペットクリニック