" /> " />

アクセスマップ、診療時間はこちら

インフォームドコンセント

治療や検査には色々な方法があります。
治療内容をご提示し、飼い主様の選択によって進めて行きます。

当院の特徴

近年は動物の医療も専門化・高度化が進んでいます。
専門医療が必要な場合は各科専門医や二次診療施設・大学病院と連携をとり、ご紹介させていただいております。

■ご紹介先一覧

【総合科】
: 東京農工大学動物医療センター
JARMeC(日本動物高度医療センター)
日本小動物医療センター
【眼科】
: 東京ウエスト動物病院(併設 眼科ケアセンター)
くにたち動物病院
【脊椎疾患】
: 相川動物医療センター
【夜間】
: 動物救急センター練馬
動物夜間救急医療センター
夜間動物救急
※夜間診療は右欄外参照
【CT・MRI】
: 動物検診センター キャミック

安全な手術のために

手術前に必要な検査を行ったうえ、麻酔中は生体モニターにて心電図・呼吸数・麻酔ガス濃度・呼気炭酸ガス濃度・血圧・動脈血酸素飽和度・体温を監視しながら行います。また、緊急時のために人工呼吸器を設置しております。

院長よりのごあいさつ

動物の医療には飼い主様のご協力が必要です。言葉が話せない動物に替わって、飼い主様からの情報が大変重要です。お気づきのことはどんな事でも教えていただけると助かります。かざま動物病院は飼い主様とのコミュニケーションを大切にするよう心掛けてまいります。

新着情報NEWS RELEASE新着情報

▲ページトップ